カテゴリ:タイ視察旅行記2008年3月( 3 )




タイ視察旅行記 2008年3月 Vol.3


⇒ 続き                           記 ㈱ユージーホーム 萬燈
また、破風、手摺子、木製建具などの装飾が細かく、本来そうであった日本家屋の装飾を思い出します。
a0097426_123558.jpg
 
a0097426_13215467.jpg

あとは細かいことですが、全体的に納まりがあまく、塗装のはみ出し、タイル割りの仕方や張り方の粗悪さ、シールの塗りしろ残りなど、日本では完了検査で指摘を受けるような箇所が平気で放置されていました。(笑)
それでも全体的に印象良く見えました。
プラスアルファーで見えるゆったりとした雰囲気や細かい装飾品などがその他の細かい欠陥部分を緩和しているのだと思います。 
a0097426_1252330.jpg

       塗装のはみ出しもおおらかに受け止めて…↑↓
a0097426_1253583.jpg
     
タイ古式木造高床住宅は1階がキッチンや浴室などの水回りのみで、2階が玄関を含んだ居住スペースで広い木製のテラスがあります。      
外壁、建具もすべて木製で、隙間風が入りとても簡素です。
雨季のスコールや熱帯夜のしのぎ方など自然に合わせた作り方だと思います。
テラスの配置や使い方は当社の考え方に似ていると思いました。

三角屋根の下が、広々としたテラスになっています↓
a0097426_13402596.jpg
以上が実動3日間の異国の地の住宅事情の視察です。

日本とは風土、気候、習慣と異なることが多分にあると思いますが、世界共通である、人間がその家の中で食して、くつろいで、寝るという作業を、いかに快適に過ごすという概念を、タイの住宅事情から当社のコンセプトに見合う部分を取り入れていければと考えています。
また、他社住宅建設会社との差別化を図り、価格競争だけではなく、レアな考えでも構わないので特徴ある住宅を造る工務店を目指して行ければと思っております。

最後に今回お引き合わせ頂いた石川氏と花岡に感謝致します。                                   

a0097426_13404836.jpg

タイ視察旅行記 2008年3月 おわり
[PR]



by ug-home | 2008-05-19 09:56 | タイ視察旅行記2008年3月

タイ視察旅行記 2008年3月 Vol.2

                                                     
                                    記 ㈱ユージーホーム 萬燈
続き⇒
次にもうひとつの目的であるタイでの個人住宅の視察へ。
主に高級住宅(エリア入口にゲートがあり、警備員配置)を4件視察しました。
販売中の高級別荘(工事中)1件、日本人の住む住宅2件、タイ古式木造高床住宅1件です。
古式木造高床式住宅以外の3件は、補強コンクリートブロック造で、タイでは、ほとんどこの構造です。日本円でいうと土地込みで1億円~1千万円位で、外国人向けです。
向こうの住宅は、外構の扱いが特徴で、植栽の配置、池などの水の流れの配置が南国そのものでとても印象的でした。(特に植栽の配置はうまい!)
 
警備員配置の入口ゲートを抜けると高級別荘が建ち並んでいます↓
a0097426_17443825.jpg

     扉を開ければそこは…、南国ムード満点。癒される↓
a0097426_17362143.jpg

     あくまでも自然に…植栽の配置は見事!↓
a0097426_17374674.jpg

     写真右端に水が流れるようになっています↓
a0097426_17415581.jpg

また、室内は、玄関スペースというものの概念があまり無く、玄関ドアを開けるとすぐにリビングという形が多く、室内では靴を脱ぐ習慣はあるのですが、靴を置くスペースの区分けが曖昧です。床はほとんどタイルか石です。熱帯気候の為、「いかに自然に涼しくするか」、だと思います。水回りはいたって簡素で、高級になれば浴槽の設置はありますが、基本がシャワーのみです。
           写真はかなりの高級タイプ↓
a0097426_10585588.jpg

トイレは日本とかわりませんが、後ろにシャワーホースがあり手動のウォシュレットとなっています。
昔のタイ式トイレは水洗の代わりに水桶とひしゃくがトイレ内に設置されており、トイレットペーパーの代わりに水をすくって洗い、その水で汚物を流すいわゆる自然のウォシュレットが習慣で、シャワーホース付洋風便座もそのなごりです。

しかし外国人には不衛生に見えあまり使ってないとの事です。
ちなみに私は常時使用しました。(笑)
タイ視察旅行記(Vol.3に続く)⇒

[PR]



by ug-home | 2008-05-18 15:21 | タイ視察旅行記2008年3月

タイ視察旅行記 2008年3月Vol.1

                                  記  ㈱ユージーホーム 萬燈
2008/3/11~15にタイ視察旅行に行ってきました。 
目的としては、今後のユージーホームのあり方の一部として、タイで流通している建築材料の視察とタイ住宅の研究です。
参加者は社長、萬燈、花岡、それに花岡の友人の石川氏(現地法人を持ってタイでも仕事をされてる)が案内してくださいました。
3/11(火)夕方タイ国際空港に到着、日本の気候と異なり暑さと湿気を感じた。
タイの3月は乾季の終わりで、平均気温35℃湿度80%程度です。迎えに来てくれたI氏もラフな格好で、すかさず上着を脱ぎました。
訪問先のパタヤは高級リゾート地であり別荘が建ち並び、建築材料のお店が多いそうです。

タイでは家を建てる時、施主が材料を支給して、職人さんはほとんど手間だけの作業で、のんびりと施工するそうです
まず今回の目的のひとつである国際家具フェア視察へ。
が、これに関しては正直不発に終わりました。
イメージとは異なり建材の展示会が主で、(目的である)材料の購入とは、かけ離れていました。
    日本でもよく開催されている、一般流通されてる建材のよくある展示会でした↓
a0097426_14435760.jpg


その後、パタヤを中心に建築原材料のお店を視察しました。
ここは思い通りで無造作に置かれているタイル・石・陶器・建具などを隈なく見て廻りました。
値段は、日本の10分の1~5分の1程度で種類も豊富です。
購入の検討項目として、日本の規格に合うもの、材質(特に木製建具はラワン材のものが多く、虫食いがあり、日本では使用不可)中でもタイルは当社コンセプトに見合ったものがありサンプルを多数取り寄せました。
a0097426_1444537.jpg

     石材展示はご覧のとおり、大胆かつ、おおらかですね↓
a0097426_112069.jpg

     タイル(40cm角)は4枚でひとつの絵柄になってるものもありました↓
a0097426_1447184.jpg

          こんな和柄の建具も…アジアンテイスト!!↓
a0097426_1452043.jpg

     花は立体的になってます。現物は瑞江ショールームにも展示してあります↓
a0097426_11173350.jpg
サンプルは、瑞江ショールームにも展示します。是非見に来てください!
今後の課題としては、価格のわりに重量があるものが多いので、輸送費のコストをいかに抑えるかになってくると思います。
タイ視察旅行記(Vol.2に続く)⇒
[PR]



by ug-home | 2008-05-16 09:28 | タイ視察旅行記2008年3月

** ug palette **     ユージーぱれっと・・・    お客様とひとつずつ色をつけていく・・・           そんな住まいづくりを目指して
by ug-home
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ユージーの家づくり +プラス↓

フリースタイルで行こう↓
●㈱ユージーホーム ホームページ

注文住宅・店舗内装・アパート・リフォームなら

当社の最新・施工例を見るなら↓
●ユージーホーム新・建築作品

おまたせしました!最新の建築作品をこちらでUP中です

家を建てようとお考えの皆様 必見!ブレイン↓
●ユージーホーム [連載] フリースタイルなハウスプランニング 

家を建てるまでのなぜ(?)なに(?)をユージー流にわかりやすく解説

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧